バイアグラ3個と男性

バイアグラの効果と副作用について

1998年に海外で初めて販売されたバイアグラは、後に国内でも有名な薬になりました。
バイアグラはEDの症状が出てしまっている方に最適な薬として知られているように、効果は勃起不全の症状を治すことができることにあります。
EDを発症してしまっている方のケースでは、いざという時に勃起させることができなかったり、持続時間を保つことが困難なケースも見られます。
バイアグラを服用する方法で、このような症状を克服することができるのですが、効果は性的な興奮を感じ取った際に初めて体感することができる内容になることから、服用したことで常に勃起した状態になってしまうことではないので、不安に感じている方の場合では問題が生じない薬として用いることができます。
一般的にはバイアグラの服用で、性行為をスムーズに行うことができ、無くなってしまった自信を取り戻すことに最適なものとして使われています。
服用方法も簡単で、できるだけ空腹時に必要に感じた際に飲む方法ですが、水が無い場合では牛乳などの脂肪分が多い飲み物以外として、例えば清涼飲料水やアルコールでも服用できるメリットがあります。
一方でバイアグラには副作用というものが出てしまう可能性も否定できません。
多くの方が血管の拡張作用が見られることから、例えば目が充血してしまったり、顔がほてってしまうことがあります。
同時に血圧が若干下がってしまうことも特徴になりますが、至って普通の現象として考えることができるので、不安を感じずに服用できます。
人によっては頭痛を感じてしまったり、動悸などを感じる方も存在しています。
このような状態であれば、頭痛薬などを併用して服用することも問題が無いので、実質上として用法を守って服用している方の多くは、副作用を気にすることなく利用できます。

◇服用から15分ほどで効果が出始め、効果は4時間ほど持続!
バイアグラ 通販

バイアグラはずっと使っていかなければならないのか

バイアグラを服用したED治療をどれだけ継続するかは人によって異なります。
何度か飲んだだけで自然に勃起できるようになったなどのことであれば当然早い段階で服用は斬り上げることになるでしょうが、逆に全く治療の効果が見られないということであれば継続した服用が必要になります。
しかし「ずっと使っていかなければならないのか」というとそうではありません。
特に重要なこととして知っておかなくてはならないのがバイアグラは根本的なEDの原因を取り除く薬では無いということです。
バイアグラは血行促進作用によって陰茎部への血流を促進して勃起しやすくする効果がありますが、これはあくまでも対症療法に過ぎません。
そのため継続してバイアグラを服用してもいつまでも改善が見込めないということであれば、肉体か精神のどちらかに根本的な原因があるとして考えるべきでしょう。
そのためある程度継続して服用してもまだ勃起が出来ないのであれば、改めてその原因を特定して治療することが必要となるのです。
ただ継続服用によって何か問題が起きるのかと言われると、そういったこともありません。
よく薬では耐性が出来てしまったり継続服用によって体質が変化してしまったりといったリスクがあるのですが、バイアグラの場合はこのどちらもほとんど無いのです。
ですから「早くやめないと体に悪い」といった考え方をする必要はそこまでありません。
従って「バイアグラはずっと使っていかなくてはならないのか」という疑問に対しては継続服用をしても効果が見られない場合はより効果的な治療法を探すべき、しかし継続服用に際してのリスクもあまりないため、必要な状況で切り上げるような判断も必要ないということになります。

バイアグラは女性用もあるの?

バイアグラは基本的に男性が服用することを想定して製造販売されているものですから、女性用バイアグラというものは現状、ほとんどありません。
ただバイアグラの有効成分であるシルデナフィルについて開発元会社が50人の女性に処方してみたところ、被験者となった女性の大部分に性欲亢進や膣分泌液の分泌が盛んになる、オーガズムへ達しやすくなるなどの効果があったとして報告されていますので、通常のバイアグラでも女性に対してある程度の効果はあるとして考えられます。
もちろん併用禁忌などについては考えなくてはなりませんが、全く問題が無いとして判断できるのであれば通常のバイアグラを試しに服用してみるのも悪くないでしょう。
またこうした状況を大きく変えるかもしれないニュースとして一つ知っておきたいのが、2015年8月にアメリカのFDAが認可したフリバンセリンという薬です。
この薬は血行促進作用によって勃起を促すバイアグラとは根本的に異なる、脳の中枢神経に作用することで性欲を増進させる作用がある薬として認可を受けました。
効果は大分違いますが、一般的に求められている「女性でも効果のある精力剤」として扱うのであればこのフリバンセリンに期待が出来ると言えます。
ただこのフリバンセリンが今後日本に来るかと言われると怪しい部分が多く、特に副作用リスクが極めて大きいとして指摘されているうえ、処方に際しては医師が専門研修を受ける義務があるなどのことを考えると日本で手に入るようになるのはまだしばらく先のことになるでしょう。
そのため「女性用と言えるものは無いが、健康上問題ないと判断できるのであれば男性用バイアグラを使って様子を見ても良い」というのがこの女性用バイアグラがあるかどうかという疑問への現状の答えとなります。
■バイアグラなども処方してもらえる
ED 福岡
■バイアグラと同じ成分を含んでいる
カマグラ
■バイアグラと同じED治療薬で食事の影響がありません
シアリス